姉妹サイトリンク

【拡散希望】男女の差について思っている事

By ぐろこーん

このページでは、男女の差について書いてみました。少しジェンダーの問題について触れます。

男女の力の差

男女の力の差、と聞いたら何が思い浮かぶでしょうか。

一般的に、お互いに差があると考えられていると思います。

片方に対して一方的な差があるという考えの方は、少し過激的な方なのではないでしょうか。

お互いに差がある事の例として、
男性は一つの事に熱中しやすいが一つの事しかできない、
女性は一つの事にあまり熱中しないが同時に多くの事ができる。

もちろん、当てはまらない方もそこそこ居ると思います。
統計的な話ですからね。

どちらにせよ、お互い良い部分悪い部分がありそうですね。

ですが、今回は男女の力の差の中でも、社会的に生きていく上での力の差について話していこうと思います。

これは差別的な発言だ、とか思う方は、是非とも最後まで読んでください。もちろん、そう思わない方も読んでくださいね。

社会的な立場での男女の力の差

男女での社会的な立場の力の差、と聞くと、圧倒的に権力や法による防御力を思う方もいるかもしれませんが、そんな事はありません。

まずは、男性が有利に立っている点です。

・暴力が強い⇒脅すのに使える
・いまだに就職で女性より有利な場合がある
僕が思い浮かぶのはこれくらいですかね。

では、女性のほうはどうでしょうか。

・女性専用車両など、社会的な保護が大きい
・男性ほど、就職の必要性が問われない

僕は女性じゃないので、あまり思い浮かびませんでした。

また、あまり過激だと批判を受けそうなので...。

それで、これを考えると何が分かるか、の話なのですが。

何故、「男女の力の差」が大きいか、分かりますか?

それは、男女平等を求めすぎたからですよ。ここから本編です。

男女平等を目指しても、社会的なイメージや肉体を変化させる事はできません。

そこで、どうするかというと、法を作成するわけですよ。

バカなのか。それじゃ余計差が生まれるじゃないか。

これからその話をします。

なぜこのような差が生まれたのか

この様な差が生まれたのは、男女平等を作ろうとした時の、方法に原因があります。

僕には、なぜ違う分野で、差を埋めようとしたのかが理解できません。

例えば、男女の差とは違いますが、部下と上司の差です。

酷い仕打ちがあると指摘されたことから、パワハラという言葉が生まれました。

これは、上司の酷い仕打ちから世間に助けを求めるためのものです。

しかし、現在は上司からの一般的な指導に対する逃げに使われています。

このように、対処の方向性が違うと、下手に差が開きすぎてしまいます。

これは、物理攻撃と魔法攻撃のように、お互いにダメージを受けてしまいます。

男女でも同じで、暴力に対して、法で対応することで、お互いが違う分野で余計に差が開いてしまったのです。

まぁ、対処法が他にあるか、と言えば分かりませんが。

そんなこんなで、以上、男女の格差についてでした。

最近人気な記事


【数学】連続する自然数の和で表せる数と規則性(証明)

【ぐろこーんの大学受験論】長文・文章問題を解くには、語彙力(単語力)が必要

【ぐろこーんの大学受験論】理系一筋の僕が国語について考えてみた

【ソフト制作】麻雀点数計算ソフト page.1

【数学】ラグランジュの補間を求める[長記事]

総括管理人のおすすめ


【数学】ラグランジュの補間を求める[長記事]

【数学】グラフの長さを求める公式を求めてみた PART 1

【数学】グラフの長さを求める公式を求めてみた PART 2

【数学】[分からない人向け]直線を表すベクトル、p = sa + tb (s + t = 1) って結局どういうイメージなのか

【数学】[分からない人向け]ベクトルの一次独立のイメージの仕方