タグ:教育の検索結果

【ぐろこーんの大学受験論】現在の日本の教育機関の不思議(愚痴)

日本の現在の教育方法の不思議 ぐろこーんです。僕は学生なので、日本の現在の教育について記事を書こうと思いました。、殆どの人が、勉強に意味を感じないと思っているでしょう。そもそも、職種によって使う教科が違う事は明白なのに、わざわざその教科について教育するという手段を日本は採っています。この時点で不思議なのに、使わない教科を判断基準に使って、本当は才能があるかもしれない人材を切り捨てている可能性を作り出しています。 結構きつく言いましたが、事実ではあるでしょう。では今回はこの事について書いていきます。勉強にイラつきを感じている人は、是非見ていってください。もちろん他の方も見ていってください。 日本の英語の教育 皆さんも知っていると思いますが、日本人は他の国より多く英語の勉強をしているのに、他の国の方より英語が離せません。日本語が特別な言語だという理由もあるかもしれませんが、それにしても不出来すぎると思います。 何が原因なのか、僕の知り合い(年上:すでに大学生)で、その原因が垣間見えるような体験をした方がいるので、軽く紹介したいと思います。 その知り合いは、インターナショナルハイスクール、つまりは多種多様な国の方々が集まった高校に通ってました。英語がペラぺ~ラです。 彼ももちろん模試などは受けます。外国に住んでいるような環境の中で生活している彼なので、英語が満点なのは当たり前です。と、思いきや!?謎のピンがあるではないですか。 彼曰く、その表現は日常生活でもよく使うような表現だそうです。まぁもちろん問い合わせました、電話で。その由を伝えると、予想もしないような回答が返ってきたそうです。 「日常生活では使っても、大学受験では通用しません。」 ...は?ちょっと何言ってるかわからないですね。普通それ逆じゃありません?大学受験では通用しても日常生活では通用しない、って言い回しを真逆にした意見。まぁ、これやその他もろもろによって、彼は日本の大学に呆れて、海外の大学に進学する事にしたそうです。 この話を踏まえてですが、日本は受験を受けさせるためだけに教育をしているのではないかと思いますよね。おまけとして、社会で使えるスキルが生まれるという、社会に出た時の事をサブの目的のように感じますね。 なぜ評価をするためだけに教育をするか まぁ、努力を出来るかどうかを判断しているという事は誰でも思いつきますよね。これが一番の理由のように感じるので、上に書いたような事を否定しづらいです。 現在、ブラック企業で世の中があふれていると聞きます。学生なのでよく知りませんが。このような社会の中で生き延びていくための力を見るためのものなのかとも思います。 でも、そうじゃないでしょう、日本の教育機関の方々 学生としては、しっかりと意味の感じる事を教育に入れてほしいですね。大人になったら分かるのかもしれませんが、学生はまだ社会に出てないので、やる意味が分からないのですよ。教科の変更とかではなく、教育する意味を、社畜を作るということから変えてほしいですね。 以上、現在の日本の教育に抗う学生の愚痴でした。

努力よりもすべきこと

結局ごく僅かしかいないという事 「努力だけで、ここまで成功した人もいる」 「努力をすれば必ず成功するわけでは無いが、成功するためには努力が必要」 などなど、たまに聞く言葉がありますよね。 これは確かに、正論だと思います。これを否定する事が出来ません。 ですが、これは成功するための手順としては最悪です。 要は、正論だが論点が違うという話です。 どうしてか、という話ですが、これは少数派だからです。 「努力」で成功させるのは、無茶な強行突破であって、いい方法ではありません。 さらに、強行突破なうえに、成功する確率が相当低いのです。 そんな方法を強いる学校は、僕はあまり評価しません。 実際成功した”際”には努力は必要になると思います。 成功したら、その成功を続けていかなければいけないですからね。 どうするべきなのか これは日本が現在考えるべき事なのではないでしょうか。 今の日本で世界に進出している有名企業は、ほとんどが昔からある企業なのではないでしょうか。 ここで必要なものは、自分の得意分野だけは伸ばせられる能力だと思います。 得意分野を伸ばすために必要なものは努力でしょうか? 僕は好奇心だと思います。 しかし、もちろん好奇心だけでは無理な方もいると思います。 そこでやっと努力が必要になるのですよ。 良い策を尽くしてもできないのなら、悪い策に頼るのは仕方がない事です。 また、努力で成功する人も”ごく一部”いるわけですからね。 感想 今回は文章構成が下手で、あまり伝わりにくかったと思うので、かんたんに伝えます。 「努力する前に得意分野を見つけようぜ」って話です。 まぁ、そんなこんなで終わります。 以上、努力より重要なものについてでした。

【ぐろこーんの数学論】数学についての厄介な質問への対応

数学についての厄介な質問が来る 自分は数学を趣味でやっているので、たまに数学の質問をされます。 僕が抱いている感情は、数学の教師をやっている方なら分かると思いますが、なんと答えていいか分からない質問がくると困ります。 今回は、そんな質問への回答方法を考えてみました。 数学が苦手な方にも役立つと思うので、是非見ていってください。 Case 1:「全部分からない」 これは厄介な質問です。 暗記が得意な方が、なぜ暗記出来るのかと聞かれて困るのと同じ感じです。 なぜその問題が出来ないのか分からないので、「全部分からない」の「全部」が何を指しているかがよく分かりません。 例えば、 「50m走で、タイムが10秒だった。速さを求めなさい。」 という問題があったとします(算数ですが)。 これは5.0[m/s]と即座に分かりますよね。 この問題が全部分からない、と言われた時、何処が分からないか全く推測できません。 ではどうすればいいのでしょうか。 この場合は、一から順に解いていく過程を見せるのが有効です。 これによって、問題を解く時の理屈が分からなかったか、もしくは知識不足なのかが分かります。 それに加えて、つまずいた場所が明確になります。 これは自分が問題を解くときにも有効です。コツは、一度自分の考えが間違っていると思いながら解いていくことです。 Case 2:「答え見たけど良くわからない」 まぁこれは比較的楽なパターンです。質問しに来るときは、一回答えを見てきてくれると嬉しいですね。 しかし、これも厄介と言えば厄介です。なぜ答えの理屈が成り立つのか分からないという事ですから。 この質問に対する対応は、一つの事を重点的に教えるというものが適切でしょう。 この場合は何処が分からないかはっきりしている場合が多いので、その分からないところをだんだん簡単にしていきながら教えるのがいいです。 ただし、このパターンは次に紹介するCase 3に発展することが多々あります。 Case 3:「どうしてその定理・公式が成り立つか分からない」 この相談をしてくる人には、徹底的に仕組みを教える必要があります。 中途半端に教えるのを止めると、また質問しにきます。 Case 2と似ていますが、こちらのほうが、説明を濃くする必要があります。 この質問に答える時に意識することは、「例を挙げること」と「丁寧な証明」です。 なぜ成り立つか仕組みが分からない場合、理屈を教えてから例示をするより、例示をしてから理屈を教えるほうが理解されることが多いです。 相手は、その理屈が成り立つかどうかに疑問を持っているので、例をいくつか見せると納得しやすい事は明確です。 そのあとに一般化という手順を取ることで、説明が相手によく理解されやすくなります。

根拠のない自信の必要性と正しい使い方

根拠のない自信の真実 現在は、根拠のない自信を持っていると嫌われがちだと認識されがちです。(ややこしい日本語ですが) しかし、何故嫌われるのかを考えると、嫌われる原因が個人にあるという事が分かってくるのでないでしょうか。 根拠のない自信を持った人は、何かを注意しても否定したり、良い方法などを教えても自分のやり方を突き通したりする、というイメージがあるのではないでしょうか。 しかし、この関係は実は逆で、本当は、 「何かを注意しても否定したり、良い方法などを教えても自分のやり方を突き通したりする人に、根拠のない自信が生まれる」 というのが正しいというか、筋の通った考え方なのではないでしょうか。 要は、自我が強いから、自分が正しいと信じ込んでしまうのだと思います。 しかし、根拠のない自信のほうが目立つので、逆の関係としてとらえてしまうのではないでしょうか。 今回は、根拠のない自信について書いていこうと思います。 根拠のない自信の必要性と使い方 僕自身は、根拠のない自信を持った方だと思いますが、使い方は意識しています。 根拠のない自信というものを持つと、何かで負けても、すぐに立ち直ることができます。 少々悪いやり方かもしれませんが、相手に負けたのは努力の差だ、と自分を過剰に判断することで、精神的に維持できるようになります。 要は、普段落ち込むようなことは、すんなりと受け流すことができます。とても便利です。これが必要性です。 次は使い方です。 使うときに注意すべき点は、他人に対して根拠のない自信を本気で語らないことです。 他人に多少見せるのはいいですが、これを本気で語るようになると、嫌われ始めます。 使うのは、基本的に個人の場です。 根拠のない自信というものは、自分の中だけで強めていくといいです。 そして、使うべき場面は、出来るだけ責任を負わない場面のほうがいいです。 根拠のない自信を、責任を負う可能性のある場面で使うのは、今まで積み上げてきた自信を失う上に、今まで積み上げてきた業績までも失う可能性があります。 結論、自分のペースで自由気ままに出来る場面で使うといい、ということです。 最後に失敗例(承認欲求との掛け持ちについて) 根拠のない自信というのは、承認欲求ととても相性が悪いです。 つまりは、他人に根拠のない自信を本気で語りやすくなった状態です。 その具体的な失敗例が、すこし前に問題になった「バイトテロ」です。 あれはまさに、皆に注目されたいという承認欲求(自己顕示欲)と、なんでもできるという根拠のない自信が混ざった状態です。 これに関しては、一般的なモラルというものをしっかり理解していれば、我慢できます。 承認欲求と根拠のない自信が混ざった状態の方は、何か趣味を見つけると伸びる可能性があります。 このブログを作成すること自体、承認欲求によって成し遂げられたものです。 皆さんも、正しい使い方をしましょう。 というわけで、欲は正しく使おうという話でした。

【ぐろこーんの大学受験論】勉強を一切しなかった自分が、急に復活した方法

勉強をしなくなるための ”4-STEP” ! -実質1STEPー まさに負のスパイラルですね。この「4-STEP」を完全にマスターすれば、一切勉強のやる気が起きなくなります。 1.学校がめんどくさいので、自主的に勉強をしなくなる 明日学校がありけど、学校行くのがめんどくさい。 そんな事を考えていると、勉強をする気が無くなりますよね。明日嫌な事があるのに、さらに嫌な事をするなんて、どうも嫌ですよね。といっても、学校が嫌になるという事自体が、ただの妄想なのですが(嫌な物だと思うから嫌になる)。 2.自主的に勉強をしなくなるので、やがて宿題をしなくなる 自主的に宿題をしないと、勉強をやらなくてもいいんじゃね?なんて考え出す事は、言うまでもありませんね。自主的に勉強しなくなること自体、勉強が必要ないという考え方が原因ですからね。 宿題をやらないというのは、致命傷ですよね。宿題が溜まりに溜まって、もしやろうと思っても、量を見て諦めてしまいます。まさにいつしかの僕がその状況でした。もう手遅れなのに、他人にやれと言われて、余計やる気が無くなります。 3.宿題をやってないので、余計に学校が嫌になる 朝起きて、やり忘れていた事があるという事を思い出して、絶望する。 これは、普通の努力をしている人でも絶対と言って良いほど経験をする事ですよね。しかし、今までの2つの STEP を華麗にこなしてきた方は、毎日のように感じる事になります。これが原因で不登校になるような事もあるのではないでしょうか。これは社会に出た時も同じかもしれませんね。 まぁ、ずっとこれを繰り返して、吹っ切れて特に何も感じなくなる人もいるかもしれません。まさに末期です。 4.あとは上の3つのSTEPを繰り返しこなすだけ! よく見てください。1→2→3→1→2→3→...と繋がっています。 勉強しなくなる → 宿題をしなくなる → 学校が嫌になる → 勉強しなくなる →... となっています。一回この最悪のスパイラルに入ると、抜け出せなくなりそうですね。 勉強をするようになるための ”1-STEP” ! 「勉強をしなくなるための ”4-STEP” !」を見ると、どこにその原因があるのかは、明確ですよね。それは... 宿題をする事です! 人によっては当たり前かもしれませんが、今まで当たり前じゃなかった人にとってはとても厳しい事です。しかし、これをしだすと、特に学校に行くことに苦痛を感じなくなります。 なにせ、今までは宿題をやっていないという感覚に襲われて、学校に行くのが嫌になってたわけです。学校に行くことが特に苦痛でもないので、家での勉強が嫌でも、今までよりは楽になっているので、特に抵抗は感じたくなります。 たったの一つですべてを改善される。キレイ事だ!という方は、そう思って構わないです。あなたに合わないやり方なら、違うやり方を探したほうが、断然いいでしょう。僕自身、自分に合わないと思った方法は、切り捨ててきました。 以上、さぼり続けた僕が復活した方法の紹介でした。 おまけ - 勉強は実は嫌だと感じないことが発覚 最近、上に書いた通り宿題だけをやることから初めて、だんだん自主的な勉強をするようになって分かったことがあります。 勉強を嫌に感じない、という事です。今まで、なぜ嫌に感じていたのかよく分かりません。精神年齢が発達したという事もあるかもしれませんが、宿題が終わった気楽さから、嫌じゃなくなったのかもしれませんね。

最近人気な記事


【プログラミング】C/C++ のメリットデメリット

【ソフト制作】MSC(麻雀点数計算ソフト) page.4

【数学】[分からない人向け]ベクトルの一次独立のイメージの仕方

【数学】オイラー積について軽く触れてみる

【数学】グラフの長さを求める公式を求めてみた PART 1

総括管理人のおすすめ


【数学】ラグランジュの補間を求める[長記事]

【数学】グラフの長さを求める公式を求めてみた PART 1

【数学】グラフの長さを求める公式を求めてみた PART 2

【数学】[分からない人向け]直線を表すベクトル、p = sa + tb (s + t = 1) って結局どういうイメージなのか

【数学】[分からない人向け]ベクトルの一次独立のイメージの仕方