タグ:大学受験の検索結果

【ぐろこーんの大学受験論】現在の日本の教育機関の不思議(愚痴)

日本の現在の教育方法の不思議 ぐろこーんです。僕は学生なので、日本の現在の教育について記事を書こうと思いました。、殆どの人が、勉強に意味を感じないと思っているでしょう。そもそも、職種によって使う教科が違う事は明白なのに、わざわざその教科について教育するという手段を日本は採っています。この時点で不思議なのに、使わない教科を判断基準に使って、本当は才能があるかもしれない人材を切り捨てている可能性を作り出しています。 結構きつく言いましたが、事実ではあるでしょう。では今回はこの事について書いていきます。勉強にイラつきを感じている人は、是非見ていってください。もちろん他の方も見ていってください。 日本の英語の教育 皆さんも知っていると思いますが、日本人は他の国より多く英語の勉強をしているのに、他の国の方より英語が離せません。日本語が特別な言語だという理由もあるかもしれませんが、それにしても不出来すぎると思います。 何が原因なのか、僕の知り合い(年上:すでに大学生)で、その原因が垣間見えるような体験をした方がいるので、軽く紹介したいと思います。 その知り合いは、インターナショナルハイスクール、つまりは多種多様な国の方々が集まった高校に通ってました。英語がペラぺ~ラです。 彼ももちろん模試などは受けます。外国に住んでいるような環境の中で生活している彼なので、英語が満点なのは当たり前です。と、思いきや!?謎のピンがあるではないですか。 彼曰く、その表現は日常生活でもよく使うような表現だそうです。まぁもちろん問い合わせました、電話で。その由を伝えると、予想もしないような回答が返ってきたそうです。 「日常生活では使っても、大学受験では通用しません。」 ...は?ちょっと何言ってるかわからないですね。普通それ逆じゃありません?大学受験では通用しても日常生活では通用しない、って言い回しを真逆にした意見。まぁ、これやその他もろもろによって、彼は日本の大学に呆れて、海外の大学に進学する事にしたそうです。 この話を踏まえてですが、日本は受験を受けさせるためだけに教育をしているのではないかと思いますよね。おまけとして、社会で使えるスキルが生まれるという、社会に出た時の事をサブの目的のように感じますね。 なぜ評価をするためだけに教育をするか まぁ、努力を出来るかどうかを判断しているという事は誰でも思いつきますよね。これが一番の理由のように感じるので、上に書いたような事を否定しづらいです。 現在、ブラック企業で世の中があふれていると聞きます。学生なのでよく知りませんが。このような社会の中で生き延びていくための力を見るためのものなのかとも思います。 でも、そうじゃないでしょう、日本の教育機関の方々 学生としては、しっかりと意味の感じる事を教育に入れてほしいですね。大人になったら分かるのかもしれませんが、学生はまだ社会に出てないので、やる意味が分からないのですよ。教科の変更とかではなく、教育する意味を、社畜を作るということから変えてほしいですね。 以上、現在の日本の教育に抗う学生の愚痴でした。

【ぐろこーんの大学受験論】ギリギリ受かりそうな大学を受験する事はよくない

まずは 僕は、現在の日本の社会では、学歴やなどの肩書で判断されている、と言う事を十分に知ったうえでこの記事を書いています。 1:入試に関して 「受験では一点が物を言う」というような文を聞いたことあるでしょうか? 僕は、この考え方には反対です。 何故なら、そんなギリギリな所を受ける事自体が、受験として失敗する道だからです。 一点分を落としたら受験に落ちるなんて、そんな危ない賭けに出たら、せっかくの大学受験がもったいないとは思いませんか。 確かに、後期の試験はありますが、だとしても、前期の試験はワンチャンに賭けるためにあるわけではありません。 後期をワンチャンに賭けて落ちたら、実質前期だけが本命のようになってしまいます。 二回機会があるはずなのに、一回しか意味を成さないなんて、本当に勿体ないです。 2:その後に関して 受験がもったいないという話をしてきました。 それに付け加えて、さらに言いますと、そんなギリギリな大学で、付いていけるんですか? テレビとかで、「毎日8時間勉強して、東大受かりました!」とか言っている人を見かけます。 しかし、予想ではありますが、毎日1~2時間とかで受かる人もいますよ。 そんなレベルの合わない所に無理やり入って、たった一回の人生でずっと無理をし続けるつもりですか? 別に、学力があるから凄いわけではありません。 技術、応用力、そういった類の能力を持っている人がすごいわけです。 学力があるから頭が良いわけではありません。多少関係はありますが。 だから、無理に学力で勝負して、人生に負荷をかけ続けるのは、本当に勿体ないんです。 じゃあ一点が重要じゃないのか 正直言いますと、全く重要じゃないです。 最近は、推薦入試が増えてきて、一般入試のレベルが上がってきていると聞きますが、それも同じです。 余裕で受かるような力があるのであれば、たったの一点なんて関係ないんですよ。 僕が今回一番伝えたかったのは、こういう事です。 分かっていただけたでしょうか。 僕は余裕で志望大学に受かる用、頑張りますので、他の方も頑張ってください。 以上、ギリギリの大学を受験するのはよくないという話でした。

【ぐろこーんの大学受験論】細かく計画を立てるのは良くない

計画を立てる事は必要 皆さん、計画を立てて行動していますか? 僕は、結構その時の直感で動く事が多いです。 まぁ、ただ単に計画を立てていないだけなのですが。 そんな僕にとっては、計画を立てるという事は一切頭にないので、どうして計画を立てるかなんて考えた事もあまりありません。 では実際、どうして計画を立てるのでしょうか。 計画を立てる人が居るので、何かしらと理由はあるのでしょう。 それは、”最終的に追い込まれないようにするため”、ではないでしょうか。 何当たり前の事を言っているんだ、と思った方すいません。 しかし、これを前提条件としておかないと、僕の理論の説明がだいぶ難しいので、先に定義としておいておきます。 計画を立てないと最悪の場合どうなるでしょうか? 受験に例えてみましょう。 受験生の方には不吉かもしれませんが、不吉だから落ちるとかそんな事はあり得ないので、配慮はしません。 [現状] 現在4月、あと一年もたたないうちに受験 受験教科は、S1, S2, S3, S4, S5 の五つ よく分からないまま始まる ↓ 6月ごろ、焦って勉強を始める。 S1, S2, S3, S4, S5 を均等に学習する ↓ 7月後半から8月、夏休みだから頑張る。 S1, S2 を重点的にやってみる ↓ 9月ごろ、S1, S2, を終わる S3, S4 を重点的に始める ↓ 11月ごろ、S3, S4, を終える S5 を重点的に始める ↓ 12月ごろ、S5 を終える ↓ 一月始め、初めのころに学習した事を忘れる ↓ 中途半端に受験 まあ、結構おおざっぱに書いたので、少し現実みが無いですが、今回は現実みは求めてないので、許してください。 要は、計画を立てなさすぎると、迷っているうちに期間が過ぎてしまうという事です。 明確な課題などが出されている場合は違いますが、何をすればいいか曖昧なものを計画なしにやると、結局何もできずに終わります。 どうやれば、自分の思い通りの結果に向かっていくかという事を考える必要があるからです。 つまり、計画を立てなさすぎる事は、良くないと言えるのです。 細かく立てすぎると失敗する じゃあ、精密にいろいろ考えて終わらせよう! という方も失敗します。 そういう方は、結構信じちゃって危ないかもしれません。 一概にそういうわけではありませんが。ただ、そういう傾向がある可能性がある、という極めて曖昧な解釈から、そう思っただけです。 それで、どうして失敗するか、という話ですが。 例えば、一分単位で予定を立てる人を見たことありますか? そんな事する人、正直言ってアホだと思います。 では逆に、十年単位で予定を立てる人を見たことありますか? これもアホですよね。そんなおおざっぱな計画は、誰でも頭の中に入っています。 丁度いい頻度の予定を立てるのがベストだという事は、よく分かりますよね。 ですが、細かく立てすぎる事は、本当に失敗するの?という話がでると思います。 それは分かり切っているじゃないですか。 ”最終的に追い込まれないため”に計画を立てるんじゃないんですか? 細かく立てて、どこかで予定が入ってずれたら、どうするんですか? もう一回計画を立て直しますか? しかし、もし計画を立て直したとしたら、それは結局追い込まれている状況と同じになっていると思います。 途中で計画を立てても追い込まれていないのなら、最初から計画を立てる必要が無くなりますからね。 つまり、細かく計画を立てたせいで、本末転倒しているわけです。 これは、一番絶望するパターンだと思います。 なので、皆さんも気を付けて計画を立てるようにしましょう。 以上、細かく計画を立てるのは良くない、という話でした。

【ぐろこーんの大学受験論】長文・文章問題を解くには、語彙力(単語力)が必要

長い文ではイメージが不可欠 例えば、マイナーな事が書いてある評論文では、何を言っているか分からないですが、知っている分野などでは、読みやすいですよね。 それは、イメージしやすいからでは無いでしょうか。 文章の意味が分かれば、話を最後まで読む事もそこまで苦難ではないでしょう。 やはり、長文ではイメージできるかどうかが重要だと思います。 イメージするには単語力が不可欠 自分の興味のない事についての文章をイメージするのは、なかなか難しいですよね。 聞いたこと無いような「~的」や「~感」という言葉が、ずらっと出てくる文章って読みにくいですよね。 個人的には、こういう文章は本当に伝えるための文章なのか疑うまでです。 しかし、それはその言葉が分からない人からの意見であって、分かる人からしたら、十分に伝わるどころか、文章が短くなるので、読みやすい文章でもあるのではないでしょうか。 僕は、そういう点で、とても重要だと思います。 また、英語でも同じように思いますよね。 英語で、「どういう内容か」や「どういうタイトルか」というような問題は、語彙力が豊富だと、とても早く解けると思います。 また、英単語が分からないと、訳す問題や指示語の指す問題は解けないのは明確ですよね。 このように単語というものは、重要な事だと思います。 最後に 語彙力というものは、暗記なので案外大変だと思います。 暗記というものは、早めに始めたほうがいいと思うので、今からやるといいのでしょうかね。 以上、長文問題には語彙力が必要という話でした。

【ぐろこーんの大学受験論】大学受験は団体戦ではなく個人戦

スポーツの団体戦・個人戦の区別 皆さん、スポーツはやりますか? 僕は卓球をやってます。 卓球はオタクしかいないとか言われたことがありますが、全くもってそんなじゃないです。 それはともかく、そういった競技って、シングルスやダブルスは個人戦と言われますよね。 また、それらを何回か行ってチームで競い合うものを団体戦と言いますよね。 まずは、個人戦・団体戦の定義でありそうな物を考えます。 団体戦: チーム対抗で、1対1もしくは2対2のような、少人数同士の試合を数試合して勝敗を決定する試合 個人戦: 1対1(もしくは2対2)で試合をし、勝敗を決定する試合 こんな感じでしょうか。 ただ、ここで言っているのは、個人競技の個人戦・団体戦についていっています。 団体競技には、個人戦も団体戦もありません。すべてチーム戦です。 追加で言いますが、もちろん個人戦であろうと、練習はライバルになりうる”敵”と練習をしていますよね。 それでは、上の分割区に書いた定義と上のピンクマーカーの部分を頭の中に入れて、次の文章を読んでみてください。 大学受験はやっぱり個人戦 さあ、上に書いたことを踏まえたうえで、大学受験を団体戦だと思いますか? 流石にそんな事を思う方はいないでしょう。 まぁ、もしいたとしたら、失礼ですが、多分理解能力がないだけです。 大学受験は団体戦だ、という理論を唱えている方は、「皆で協力し合うから団体戦だ」と言います。 しかし、それは違います。 別に、個人戦でも、練習の時は敵と協力しているわけですよ。 そして、受験の時は、練習の時に協力し合った人すらも蹴落としてまで、受かろうとします。 どこにも団体戦要素ないですよね。 なぜ団体戦と言われるのか 今まで全否定して、これについて書くの?と言う話ですが、いや、違います。 まだ否定し足りないので、もっと否定していきます。 僕も、団体戦、というのは比喩という目的で使われている事は、十分承知しています。 しかし、意味が間違っていたら、比喩として意味を成しません。 例えば、こんな例文を見てください。 やかんがとても熱い。まるで真夏日のようだ。 もう何かのギャグに聞こえてくるような例文ですよね。 伝えたいことは分かるけど、間違っていますよね。 「大学受験は団体戦だ」は、そのような状態の言葉なわけですよ。 ここまでくれば、何故間違った意味が付けられたか分かりますよね。 それは、団体戦という言葉の意味を間違えただけです。 これですっきりしましたね。すっきりしたので、そろそろ終わります。 以上、大学受験は個人戦だ、と言う話でした。

【ぐろこーんの大学受験論】難問をやって感覚を麻痺させる方法の上位互換

難問で感覚を麻痺させる戦法 皆さんもやったこと無いでしょうか? 例えば、英語のリスニングなどで、テスト前日に英語のラジオなどを聞いてみたりしないでしょうか? 僕は、前日に寝ちゃう事が多いので、あまりやったりしませんが。 これは、相対的に簡単に感じるから起きる現象という事は、明確だと思います。 なぜ相対的に簡単だと解きやすいか、と言えば、少し分からないですが。気持ちの問題かとも思います。 まぁ、そんなこんなで、このような戦法を使って模試などに挑む方もいると思います。 今回は、その事について考えていきたいと思います。 継続的にやらなければ意味がない 難問で感覚を麻痺させて、簡単に感じるために、難しい問題を直前に解く。 このやり方は、結構強力だと思います。 ただ、このやり方は欠点があって、「直前にやる」だけなので、テストで出る問題を、「ワンランク下の問題」と捉えてしまうのです。無意識的にです。 「ワンランク下」という考え方は、油断であって、後にはそのワンランク下が基準となってしまいます。 要は、元に戻ってしまうという事です。 しかし、毎回直前にやれば、元に戻ってないのと同じ、かのようにも思えます。 ですが、「ワンランク下」が出題される、という思考が定着することで、油断が生まれるのではないでしょうか。 そうすると、対応力が悪くなり、その上、その考え方を正しく矯正する事は、性格を変えるように難しい事です。 これだけ直前にやる事について語ったので、次は継続する事について考えていきます。 まずは、大学生の方は高校の勉学、高校生の方は中学の勉学、中学生の方は小学の勉学、それ以外の方も同じような位置に当たるものを考えてみてください。 それは、当時は苦戦していて、現在では基礎となっている、というものではないでしょうか。 これは、例えば、二次関数でも同じで、 最初に y = ax^2 を習う。 次に y= ax^2 + bx + c を習う。 次に他単元と複合させた問題を習う。 これらの各過程で、立ち止まってはいつの間にか簡単になる、のような事があったと思います。 では、なぜ今は出来るのでしょうか。 それは、出来て当たり前という感覚があるからです。 ワンランク下なんてものではありません。 四則演算同様に、当たり前の事として認識しているのですよ。 あなたは、四則演算を「ワンランク下」とみなして、油断して計算した事があったでしょうか。 無いでしょう。無意識に行っているものですから。 これが、出来て当たり前という感覚なんですよ。 つまりは、今までのものを、この四則演算程度と同じように思えるようになるまで継続したら、勝ちです。勝てます。 最後に 駿台によって心がボロボロにされたので、この記事を書きました。 書いているうちに、改めて、そろそろ勉強をしなくては、という感覚に襲われました。 以上、難問で感覚を麻痺させる方法でした。

【ぐろこーんの大学受験論】難しい問題とそうでない問題を見分けられるのは、理解している証拠である

模試を受けて感じた事 皆さんは模試を受けていますか? 多分ではありますが、大学進学を希望している人なら、受けていると思います。 僕は、最近受けた模試の国語で、 今までに感じたことの無い感覚を覚えました。 初めて、国語で「この問題(他よりも)難しい」と感じました。 それをきっかけに、この記事を書こうと思いました。 理解していない場合 理解していない場合、と言ってもあまりイメージが湧きませんよね。 そこで、地歴公民のような社会科で考えてみてください。 例えば、地理で以下のような問題を考えてみてください。 問1:等圧線から判断して、XYの断面図の説明として正しいものを選びなさい。 1. 凸型 2. 凹型 3. 平ら 問2:等圧線から判断して、XYの断面図の説明として正しいものを選びなさい。 1. 標高100mから150mにかけてが、最も傾きが大きい 2. 標高150mから200mにかけてが、最も傾きが大きい 3. 標高200mから250mにかけてが、最も傾きが大きい どちらもさほど難しくはないでしょうが、明らかに問2のほうが難易度が高いですよね。 しかし、「等圧線」という単語が分からなかったら、どちらのほうが難しいか分からないですよね。 このように、理解していなかったら、どちらのほうが難しい問題なのか判断できないわけです。 理解している場合 理解している場合はどうでしょうか。 これを想像するには、算数が良いでしょう。 次の問題を考えてみてください。 (1) 1 + 2 = (2) 14 + 39 = これは明らかに(2)のほうが難易度が高いでしょう。 それを何故判断できるか、と考えると、それは、 足し算というものの本質、それは繰り上がりや桁数という概念をしっかりと理解しているからではないでしょうか。 つまり、逆に、難易度が分かる、という事は、理解している事を示しているという事なのです。 今回はこれぐらいで終わりにします。 以上、難易度の理解と問題の理解の関係でした。 おまけ:感想 今回は、数学の発想の転換の仕方と似ていて、とても楽しかったです。

【ぐろこーんの大学受験論】現代文は部分ごとに考えて正解を導くらしい

僕の「現代文が苦手な理由」 現代文が得意な人にとっては、現代文が苦手な人を不思議に思うと思います。 出来る人によると、「読めば分かるじゃん」との事です。 では、逆に現代文が苦手な人はどう思っているかと言うと、 「読んでも分からない」という事です。 しかしながら、やはり現代文の解き方はあまり習わないので、 出来る人も出来ない人も、感覚で解いていると思います。 つまり、苦手な人というのは、ただ単にセンスが無いだけなのです。 現代文を習い始めて思ったこと 僕は、やはり現代文を改善したいと思い、僕はとある塾の現代文の映像授業を受ける事にしました。 すると、授業で先生が言っている事、よく分かるのですよ。 しかし、本当に実践できるのかどうか心配に思いました。 現代文を習って気づいたこと:部分ごとに考える その後、その先生が解くときの癖などを探しました。 結果、いくつかの要素に分けて判断している、という事に気づきました。 どういう事かというと、例えば、いかの 問題です。(適当に作成した問題です。) 筆者が述べていることについて正しいものを選びなさい。 ア:質は重要だが、量は重要ではない。 イ:量は重要だが、質は重要ではない。 ウ:質も量も重要である。 エ:重要な事は、質や量ではない。 この問題では、「質」と「量」という、二つの観点がありますよね。 この二つを別々に、 つまり「質は重要か」と「量は重要か」という事を別々に考える必要があるという事に気づいたのです。 出来ていると思っている人へ 別々に考えるなんて出来ている、と思っている方、本当に出来ていますか? どこで区切って、いくつの観点で考えているか、そしてそれらは本当に適切でしょうか? 特に、こういった事を感覚で解いている人も、自分の考え方が本当に正しいのか見直してみるのはどうでしょうか。 僕は、できるだけ、自分の感覚に頼らない事にします。 以上、現代文の解法についての話でした。

【ぐろこーんの大学受験論】英語が得意でも苦手でもない僕が考える英語の「受験用」勉強法

英語 皆さんは、受験科目として、どれだけ英語を重要視していますか? 僕はとても重要視しています。 だから今回英語についての記事を書くことにしました。 それではどうぞ。 駿台模試を受けて 駿台模試を受けると、自分に実力がなかったことがとても分かりました。 同時に、単語力がない事も分かりました。 そして、長文が解けなかったことは単語力が無かったことが原因だという事も分かりました。 だったら、単語力があったら、本当に点が上がったの? はい、絶対に上がりました。 ですが、もちろん原因は単語力だけでは無かったです。 もう一つは、「:」「;」や変な文法などが読めなかったことが原因です。 ですが、このような力は勉強してもつけようがないですよね。 しかし、テストで出るという事は、点が取れる問題であるという事ですよね。 というわけで、模試のような問題で点数を取るにはどうすればいいのでしょうか? ハンムラビ法典式テスト勉強 ハンムラビ法典、皆さんは知っていますか? 有名なフレーズがありますよね。 目には目を、歯には歯を。 ハンムラビ法典は知らなくても、上の言葉は聞いたことがあると思います。 その方法で、模試、更には受験本番で問題に挑むわけです。 つまりは、模試をたくさん受けて、模試に強くするためです。 結構、模試から学べる事は多いんですよ。 実際、今回僕は以下の単語を覚えました。 divorce・pronunciation・confess 少ないとか思うかもしれませんが、こういう機会に覚えた単語って忘れないんですよ。 そして、難しい文法とかが出てきたら、それも答え見て知ることができます。 このように、以下の事が出来るわけです。 (1)難しい単語が記憶に張り付く。 (2)難しい文法が記憶に張り付く 模試で僕が点が取れなかった原因は、まさに上記の二つで補えるのではないでしょうか。 そりゃそうですよね。 1 + 1 を勉強したなら、1 + 1 は出来る用になりますよね。 この繰り返しで、模試、さらには受験で点が取れるようになっていくのではないでしょうか。 以上、英語の勉強法でした。 おまけ:他の人に自分の勉強法を教えてもいいの? 他の人に教えたらフリになるんじゃないですか? とでも思っている方は、多分僕の知り合いではないでしょう。 僕は、基本的に、努力の力よりももともとの能力で勝負する主義の人なので。 それはもう、勉強しても尚且つ僕が勝って、ドヤ顔をするわけです。 皆さんも、相手に必勝法を教えて、その上で買ってドヤ顔をしましょう。

【ぐろこーんの大学受験論】僕の勧める英単語勉強法 +α (暗記について)

暗記は苦手です 皆さんは暗記科目は得意でしょうか? 僕は全く得意ではありません。 異常な程偏った理系で、受験では、だいぶ不利なタイプです。 つまり、今回紹介するのは、「出来る人向け」ではなく、「出来ない人向け」なわけです。 「出来ない人向け」英単語の勉強法 完全な理系で文系科目がダメダメな僕ですが、多少理系的な要素のある英語は少し出来るようです。 しかし、英語を扱うには、英単語の知識が必要です。 つまり、暗記が必要となるわけです。 という訳で、今回は、僕が普段やっている英単語の勉強法について話します。 手順1:10語程度 pick up する 全部一気に覚えるのは、僕には無理なので、少しずつ覚える事にします。 もう少し行けるひとなら、15, 20語などでもいいと思います。 しかし、10語よりも少なくするのは、やめた方がいいと思います。 手順2:そのごくを普通に覚えようとする これは、何かで隠したりせず、声に出して読んだり、見て覚えたりすることが大切、 という事です。 手順3:覚えたい所を隠して全部答えられるまでやる 覚えたい所を隠して全部答えられなかったら最初にもどる、 のような事です。 手順4:覚えたら次の10語に移行する これで、また手順1まで戻って、全て終わるまで続けます。 どうでしょうか? とても平凡で単純ですよね? 何故こんなことを書く必要があるか、という事ですが、それは僕は暗記の出来ない人の特徴が分かってきたからです。 その特徴もとても簡単です。 それは、暗記の方法が分からないからです。 勉強法が分からないのなら、出来なくて当然ですよね。 なので、分からないなら分からないなりに、単細胞に勉強する必要があるのです。 そして、いつか自分の好みのやり方が見つかると思います。 最終的には自分で見つけるべき 他人の方法のまねばかりしている人は、いつか飽きます。 自分が一番やりやすい方法で暗記すべきです。 それが偶然他人と同じなのであれば、それはそれで良いと思います。 ただ、自分で発見する事は重要だと述べたいのです。 そういう訳で、自分も勉強法を見つけて行こうと思います。 以上、英単語の勉強法についてでした。

【ぐろこーんの大学受験論】理系一筋の僕が国語について考えてみた

現代文の問題は "意図を読む" 問題 現代文の問題では、常用している言語の文章を読んで、その読んだ通りに答えます。 しかし、なぜかしっかり読んでも分からない問題がいくつもあります。 それは、現代文の問題の性質が、文章の意図を読み解く事にあるからです。 僕は、評論だけでなく、小説も同じ性質の問題になっていると思います。 筆者がどういう心情の変化の面白さを表現しようとしているか、つまりその意図を読み取る問題になっているのではないでしょうか。 まぁ、高校生になって、小説の存在は薄まってきましたが。 それはそれとして、現代文の問題は、意図を読めるかどうかを聞いているのだと思います。 古典・漢文の問題は "文章を読む" 問題 古典・漢文の問題では、「文章を読めた」という事をアピールするように答えます。 現代文に比べて、古典・漢文の問題は、回答がはっきりしている事が多いです。 古典・漢文では、理屈的な問題が多いので、理系のほうが平均点が高い事もあるそうです。 解き方としては、英語の長文と似ています。 なので、文法と単語さえ覚えられれば、高得点をたたき出すことが出来ると思います。 ただし、古典・漢文の単語は日本語と似ているので、英単語よりも「覚えるべき」という意識がないのではないでしょうか。 僕は、気分屋でたまに真面目に古典・漢文の本文を全て読むのですが、すると文章を普通に理解することが出来ました。 要は、古典・漢文はしっかり読めば、多少は得点できるものなのです。 結論:国語は問題文を読むべき 僕は、国語が苦手で、読んでいる途中で飽きてしまいます。 しかし、問題文を最後まで読むと、案外分かったりするものです。 特に、古典・漢文は現代文より、分かりやすい・共感しやすい文章が多いです。 なので、苦手な方でも頑張って読む事をお勧めします。 もちろん現代文も読んだほうがいいと思います。 今回も終わり方が変ですが、これで終わりにしようと思います。 以上、理系一筋の自分が国語について考えてみた話でした。

【ぐろこーんの大学受験論】国語が大の苦手な僕が考える国語

国語は授業よりも宿題 皆さん、国語の授業、しっかり聞いていますか? 僕は、出来るだけ聞くようにしてますが、たまに寝ます。無意識にですか。 では、授業では、何に注目して聞いていますか? 僕は、特に注目して聞いているものはありません。 そもそも、ただただ教科書を解説しているだけなので、何を聞けばいいかよく分からないですよね。 じゃあ、何のために国語の授業を聞いているのですか? 今回は、このように国語の事について考えていきます。 授業が意味を成していない 授業を何のためにやっているか?という質問に答えられなかった方、多分教科書の解説しかしてない授業しか受けたことないと思います。 まあ、それは完全に先生側(学校側)の問題です。 僕は、中学生の時、国語ほどテストに役に立たない授業は無い、という事を思いました。 だってそうですよね。 国語の教科書の中の文章で、模試などに出たものが一つでもありますか? つまりは、国語は、解く練習にはなっても、解き方を学ぶことが出来ません。 まあ、どうしてそうなるか、みたいな事は言ってますが、結局他のテストではほとんど生きないです。 僕には、どうしてあのような授業を行うのかよく分かりません。 結局、授業を受けても点数は変わらないんですよ。 宿題やったほうが良い 国語の課題って答えを映している人が多いイメージがあります。 でも、授業はしっかり受けているのに、課題は適当にやる、というのは、とても無駄な行為だと思います。 国語の課題というのは、問題が明確に決まったうえで、本文を読み取るわけです。 これは、模試などで使える技術だと思います。 模試では、答えの探し方が上手い人程点がとれると思うので、問題が明確に決まった状態で本文を読み取る事は重要だと思うわけです。 つまり、国語の授業より、断然国語の課題のほうが役立っているわけです。 最後に そんなわけで、これからはしっかり課題をこなしていこうと思います。 以上、国語が大の苦手な僕が考える国語でした。

【ぐろこーんの大学受験論】勉強を一切しなかった自分が、急に復活した方法

勉強をしなくなるための ”4-STEP” ! -実質1STEPー まさに負のスパイラルですね。この「4-STEP」を完全にマスターすれば、一切勉強のやる気が起きなくなります。 1.学校がめんどくさいので、自主的に勉強をしなくなる 明日学校がありけど、学校行くのがめんどくさい。 そんな事を考えていると、勉強をする気が無くなりますよね。明日嫌な事があるのに、さらに嫌な事をするなんて、どうも嫌ですよね。といっても、学校が嫌になるという事自体が、ただの妄想なのですが(嫌な物だと思うから嫌になる)。 2.自主的に勉強をしなくなるので、やがて宿題をしなくなる 自主的に宿題をしないと、勉強をやらなくてもいいんじゃね?なんて考え出す事は、言うまでもありませんね。自主的に勉強しなくなること自体、勉強が必要ないという考え方が原因ですからね。 宿題をやらないというのは、致命傷ですよね。宿題が溜まりに溜まって、もしやろうと思っても、量を見て諦めてしまいます。まさにいつしかの僕がその状況でした。もう手遅れなのに、他人にやれと言われて、余計やる気が無くなります。 3.宿題をやってないので、余計に学校が嫌になる 朝起きて、やり忘れていた事があるという事を思い出して、絶望する。 これは、普通の努力をしている人でも絶対と言って良いほど経験をする事ですよね。しかし、今までの2つの STEP を華麗にこなしてきた方は、毎日のように感じる事になります。これが原因で不登校になるような事もあるのではないでしょうか。これは社会に出た時も同じかもしれませんね。 まぁ、ずっとこれを繰り返して、吹っ切れて特に何も感じなくなる人もいるかもしれません。まさに末期です。 4.あとは上の3つのSTEPを繰り返しこなすだけ! よく見てください。1→2→3→1→2→3→...と繋がっています。 勉強しなくなる → 宿題をしなくなる → 学校が嫌になる → 勉強しなくなる →... となっています。一回この最悪のスパイラルに入ると、抜け出せなくなりそうですね。 勉強をするようになるための ”1-STEP” ! 「勉強をしなくなるための ”4-STEP” !」を見ると、どこにその原因があるのかは、明確ですよね。それは... 宿題をする事です! 人によっては当たり前かもしれませんが、今まで当たり前じゃなかった人にとってはとても厳しい事です。しかし、これをしだすと、特に学校に行くことに苦痛を感じなくなります。 なにせ、今までは宿題をやっていないという感覚に襲われて、学校に行くのが嫌になってたわけです。学校に行くことが特に苦痛でもないので、家での勉強が嫌でも、今までよりは楽になっているので、特に抵抗は感じたくなります。 たったの一つですべてを改善される。キレイ事だ!という方は、そう思って構わないです。あなたに合わないやり方なら、違うやり方を探したほうが、断然いいでしょう。僕自身、自分に合わないと思った方法は、切り捨ててきました。 以上、さぼり続けた僕が復活した方法の紹介でした。 おまけ - 勉強は実は嫌だと感じないことが発覚 最近、上に書いた通り宿題だけをやることから初めて、だんだん自主的な勉強をするようになって分かったことがあります。 勉強を嫌に感じない、という事です。今まで、なぜ嫌に感じていたのかよく分かりません。精神年齢が発達したという事もあるかもしれませんが、宿題が終わった気楽さから、嫌じゃなくなったのかもしれませんね。

最近人気な記事


【プログラミング】C/C++ のメリットデメリット

【ソフト制作】MSC(麻雀点数計算ソフト) page.4

【数学】[分からない人向け]ベクトルの一次独立のイメージの仕方

【数学】オイラー積について軽く触れてみる

【数学】グラフの長さを求める公式を求めてみた PART 1

総括管理人のおすすめ


【数学】ラグランジュの補間を求める[長記事]

【数学】グラフの長さを求める公式を求めてみた PART 1

【数学】グラフの長さを求める公式を求めてみた PART 2

【数学】[分からない人向け]直線を表すベクトル、p = sa + tb (s + t = 1) って結局どういうイメージなのか

【数学】[分からない人向け]ベクトルの一次独立のイメージの仕方