姉妹サイトリンク

【ぐろこーんの大学受験論】理系一筋の僕が国語について考えてみた

By ぐろこーん

このページでは、理系一筋の自分が国語の解き方などについての考えを書きました。

現代文の問題は "意図を読む" 問題

現代文の問題では、常用している言語の文章を読んで、その読んだ通りに答えます。

しかし、なぜかしっかり読んでも分からない問題がいくつもあります。

それは、現代文の問題の性質が、文章の意図を読み解く事にあるからです。

僕は、評論だけでなく、小説も同じ性質の問題になっていると思います。

筆者がどういう心情の変化の面白さを表現しようとしているか、つまりその意図を読み取る問題になっているのではないでしょうか。

まぁ、高校生になって、小説の存在は薄まってきましたが。

それはそれとして、現代文の問題は、意図を読めるかどうかを聞いているのだと思います。

古典・漢文の問題は "文章を読む" 問題

古典・漢文の問題では、「文章を読めた」という事をアピールするように答えます。

現代文に比べて、古典・漢文の問題は、回答がはっきりしている事が多いです。

古典・漢文では、理屈的な問題が多いので、理系のほうが平均点が高い事もあるそうです。

解き方としては、英語の長文と似ています。

なので、文法と単語さえ覚えられれば、高得点をたたき出すことが出来ると思います。

ただし、古典・漢文の単語は日本語と似ているので、英単語よりも「覚えるべき」という意識がないのではないでしょうか。

僕は、気分屋でたまに真面目に古典・漢文の本文を全て読むのですが、すると文章を普通に理解することが出来ました。

要は、古典・漢文はしっかり読めば、多少は得点できるものなのです。

結論:国語は問題文を読むべき

僕は、国語が苦手で、読んでいる途中で飽きてしまいます。

しかし、問題文を最後まで読むと、案外分かったりするものです。

特に、古典・漢文は現代文より、分かりやすい・共感しやすい文章が多いです。

なので、苦手な方でも頑張って読む事をお勧めします。

もちろん現代文も読んだほうがいいと思います。

今回も終わり方が変ですが、これで終わりにしようと思います。

以上、理系一筋の自分が国語について考えてみた話でした。

最近人気な記事


【プログラミング】C/C++ のメリットデメリット

【ぐろこーんの大学受験論】現代文は部分ごとに考えて正解を導くらしい

【数学】[分からない人向け]恒等式について解説

【ぐろこーんの大学受験論】長文・文章問題を解くには、語彙力(単語力)が必要

【数学】[分からない人向け]ベクトルの一次独立のイメージの仕方

総括管理人のおすすめ


【拡散希望】男女の差について思っている事

【数学】連続する自然数の和で表せる数と規則性(証明)

二次元の女の子の魅力を全力で伝えたい!

【数学】グラフの長さを求める公式を求めてみた PART 1

【数学】グラフの長さを求める公式を求めてみた PART 2