姉妹サイトリンク

【ぐろこーんの大学受験論】英語が得意でも苦手でもない僕が考える英語の「受験用」勉強法

By ぐろこーん

今回は、前回受けた駿台模試の結果から、英語の勉強法を考察しました。

英語

皆さんは、受験科目として、どれだけ英語を重要視していますか?

僕はとても重要視しています。

だから今回英語についての記事を書くことにしました。

それではどうぞ。

駿台模試を受けて

駿台模試を受けると、自分に実力がなかったことがとても分かりました。

同時に、単語力がない事も分かりました。

そして、長文が解けなかったことは単語力が無かったことが原因だという事も分かりました。

だったら、単語力があったら、本当に点が上がったの?

はい、絶対に上がりました。

ですが、もちろん原因は単語力だけでは無かったです。

もう一つは、「:」「;」や変な文法などが読めなかったことが原因です。

ですが、このような力は勉強してもつけようがないですよね。

しかし、テストで出るという事は、点が取れる問題であるという事ですよね。

というわけで、模試のような問題で点数を取るにはどうすればいいのでしょうか?

ハンムラビ法典式テスト勉強

ハンムラビ法典、皆さんは知っていますか?

有名なフレーズがありますよね。

目には目を、歯には歯を。

ハンムラビ法典は知らなくても、上の言葉は聞いたことがあると思います。

その方法で、模試、更には受験本番で問題に挑むわけです。

つまりは、模試をたくさん受けて、模試に強くするためです。

結構、模試から学べる事は多いんですよ。

実際、今回僕は以下の単語を覚えました。
divorce・pronunciation・confess

少ないとか思うかもしれませんが、こういう機会に覚えた単語って忘れないんですよ。

そして、難しい文法とかが出てきたら、それも答え見て知ることができます。

このように、以下の事が出来るわけです。

(1)難しい単語が記憶に張り付く。
(2)難しい文法が記憶に張り付く

模試で僕が点が取れなかった原因は、まさに上記の二つで補えるのではないでしょうか。

そりゃそうですよね。

1 + 1 を勉強したなら、1 + 1 は出来る用になりますよね。

この繰り返しで、模試、さらには受験で点が取れるようになっていくのではないでしょうか。

以上、英語の勉強法でした。

おまけ:他の人に自分の勉強法を教えてもいいの?

他の人に教えたらフリになるんじゃないですか?

とでも思っている方は、多分僕の知り合いではないでしょう。

僕は、基本的に、努力の力よりももともとの能力で勝負する主義の人なので。

それはもう、勉強しても尚且つ僕が勝って、ドヤ顔をするわけです。

皆さんも、相手に必勝法を教えて、その上で買ってドヤ顔をしましょう。

最近人気な記事


【プログラミング】C/C++ のメリットデメリット

【ぐろこーんの大学受験論】現代文は部分ごとに考えて正解を導くらしい

【数学】[分からない人向け]恒等式について解説

【ぐろこーんの大学受験論】長文・文章問題を解くには、語彙力(単語力)が必要

【数学】[分からない人向け]ベクトルの一次独立のイメージの仕方

総括管理人のおすすめ


【拡散希望】男女の差について思っている事

【数学】連続する自然数の和で表せる数と規則性(証明)

二次元の女の子の魅力を全力で伝えたい!

【数学】グラフの長さを求める公式を求めてみた PART 1

【数学】グラフの長さを求める公式を求めてみた PART 2