姉妹サイトリンク

【ぐろこーんの大学受験論】僕の勧める英単語勉強法 +α (暗記について)

By ぐろこーん

今回は、英単語の勉強法と、暗記科目の勉強法について思っている事を書きました。

暗記は苦手です

皆さんは暗記科目は得意でしょうか?

僕は全く得意ではありません。

異常な程偏った理系で、受験では、だいぶ不利なタイプです。


つまり、今回紹介するのは、「出来る人向け」ではなく、「出来ない人向け」なわけです。

「出来ない人向け」英単語の勉強法

完全な理系で文系科目がダメダメな僕ですが、多少理系的な要素のある英語は少し出来るようです。

しかし、英語を扱うには、英単語の知識が必要です。

つまり、暗記が必要となるわけです。

という訳で、今回は、僕が普段やっている英単語の勉強法について話します。

手順1:10語程度 pick up する
  全部一気に覚えるのは、僕には無理なので、少しずつ覚える事にします。
  もう少し行けるひとなら、15, 20語などでもいいと思います。
  しかし、10語よりも少なくするのは、やめた方がいいと思います。
手順2:そのごくを普通に覚えようとする
  これは、何かで隠したりせず、声に出して読んだり、見て覚えたりすることが大切、
  という事です。
手順3:覚えたい所を隠して全部答えられるまでやる
  覚えたい所を隠して全部答えられなかったら最初にもどる、
  のような事です。
手順4:覚えたら次の10語に移行する
  これで、また手順1まで戻って、全て終わるまで続けます。

どうでしょうか?
とても平凡で単純ですよね?

何故こんなことを書く必要があるか、という事ですが、それは僕は暗記の出来ない人の特徴が分かってきたからです。

その特徴もとても簡単です。

それは、暗記の方法が分からないからです。

勉強法が分からないのなら、出来なくて当然ですよね。

なので、分からないなら分からないなりに、単細胞に勉強する必要があるのです。

そして、いつか自分の好みのやり方が見つかると思います。

最終的には自分で見つけるべき

他人の方法のまねばかりしている人は、いつか飽きます。

自分が一番やりやすい方法で暗記すべきです。

それが偶然他人と同じなのであれば、それはそれで良いと思います。

ただ、自分で発見する事は重要だと述べたいのです。

そういう訳で、自分も勉強法を見つけて行こうと思います。

以上、英単語の勉強法についてでした。

最近人気な記事


【プログラミング】C/C++ のメリットデメリット

【ぐろこーんの大学受験論】現代文は部分ごとに考えて正解を導くらしい

【数学】[分からない人向け]恒等式について解説

【ぐろこーんの大学受験論】長文・文章問題を解くには、語彙力(単語力)が必要

【ぐろこーんの数学論】数学についての厄介な質問への対応

総括管理人のおすすめ


【拡散希望】男女の差について思っている事

【数学】連続する自然数の和で表せる数と規則性(証明)

二次元の女の子の魅力を全力で伝えたい!

【数学】グラフの長さを求める公式を求めてみた PART 1

【数学】グラフの長さを求める公式を求めてみた PART 2