姉妹サイトリンク

【ぐろこーんの大学受験論】現代文は部分ごとに考えて正解を導くらしい

By ぐろこーん

今回は、現代文の解法について話しました。

僕の「現代文が苦手な理由」

現代文が得意な人にとっては、現代文が苦手な人を不思議に思うと思います。

出来る人によると、「読めば分かるじゃん」との事です。

では、逆に現代文が苦手な人はどう思っているかと言うと、
読んでも分からない」という事です。

しかしながら、やはり現代文の解き方はあまり習わないので、

出来る人も出来ない人も、感覚で解いていると思います。

つまり、苦手な人というのは、ただ単にセンスが無いだけなのです。

現代文を習い始めて思ったこと

僕は、やはり現代文を改善したいと思い、僕はとある塾の現代文の映像授業を受ける事にしました。

すると、授業で先生が言っている事、よく分かるのですよ。

しかし、本当に実践できるのかどうか心配に思いました。

現代文を習って気づいたこと:部分ごとに考える

その後、その先生が解くときの癖などを探しました。

結果、いくつかの要素に分けて判断している、という事に気づきました。

どういう事かというと、例えば、いかの 問題です。(適当に作成した問題です。)

筆者が述べていることについて正しいものを選びなさい。
ア:質は重要だが、量は重要ではない。
イ:量は重要だが、質は重要ではない。
ウ:質も量も重要である。
エ:重要な事は、質や量ではない。

この問題では、「質」と「量」という、二つの観点がありますよね。

この二つを別々に、

つまり「質は重要か」と「量は重要か」という事を別々に考える必要があるという事に気づいたのです。

出来ていると思っている人へ

別々に考えるなんて出来ている、と思っている方、本当に出来ていますか?

どこで区切って、いくつの観点で考えているか、そしてそれらは本当に適切でしょうか?

特に、こういった事を感覚で解いている人も、自分の考え方が本当に正しいのか見直してみるのはどうでしょうか。

僕は、できるだけ、自分の感覚に頼らない事にします。

以上、現代文の解法についての話でした。

最近人気な記事


【プログラミング】C/C++ のメリットデメリット

【数学】オイラー積について軽く触れてみる

【ぐろこーんの大学受験論】現代文は部分ごとに考えて正解を導くらしい

【ぐろこーんの大学受験論】長文・文章問題を解くには、語彙力(単語力)が必要

【数学】ラグランジュの補間を求める[長記事]

総括管理人のおすすめ


【数学】ラグランジュの補間を求める[長記事]

【数学】グラフの長さを求める公式を求めてみた PART 1

【数学】グラフの長さを求める公式を求めてみた PART 2

【数学】[分からない人向け]直線を表すベクトル、p = sa + tb (s + t = 1) って結局どういうイメージなのか

【数学】[分からない人向け]ベクトルの一次独立のイメージの仕方