姉妹サイトリンク

高校生が考えるブラック企業と解決策

By ぐろこーん

今回は、ブラック企業について第三者の軽い考えを書きました。

始めに

これは、高校生の考えた意見であって、第三者から見た意見なので、違っていても大目に見てください。

ブラック企業の悪循環

ブラック企業がどうして生まれるか、と言ったらもちろん、いろいろとギリギリだからですよね。

まあ、何故ぎりぎりになるのか、という事を考えるのが妥当なのかもしれませんが、
いつもかもギリギリだって事に注目すると、視点が変わりませんか?

なんというか、帰納法のような考え方が出来ますよね。

つまりは、ギリギリだからどうなるか、という話です。

では、ギリギリの状態から、自分だったらどう動くかを考えてみます。

ギリギリになる
↓
急いで判断力が鈍る(*1)
↓
現状打破を考える
↓
社員に無理をさせる
↓
休みが無くなって作業効率が悪くなる
↓
ギリギリになる

(*1)は、何を表すかという事は、あとで話します。

まあ、こう動いてしまう事は、分からなくも無いと思います。

休みが無くなって作業効率が悪くなる、これは重要な事だと思います。

僕の憶測ですが、休み無しに働くのと、休み有りに働くのは、どちらも成果は同じだと思うんですよ。

残業して、趣味をやる時間も無くて、仕事の事しか考えられない。
そんな状況で、頭が働くでしょうか。そんなわけないですよね。

しかし、その方向に向かった理由は二つあると思います。

一つは、(*1)の「急いで判断力が鈍る」という事だろうと思います。
ギリギリだから急ぐのは当たり前ですよね。
そして、急ぐ事によって、足元しか見られれなくなり、社員に無理をさせるという事になるのでしょう。

もう一つは、赤字が怖いからだと思います。
赤字が怖いのは当たり前で、だからこそ、ブラック企業が多いのだと思います。
これに関しては、何も対策は無いですし、仕方のない状況なので改善の必要はないと思います。

以上です。

こんな事が起こるのは当たり前であって、だからこそ、それを普通として何も思わず実行してしまうんです。

そして、誰かが悪いわけでも無いんですよ。難しい問題ですよね。

解決策

やはり、ギリギリになるかどうかというのは、その前がギリギリかどうかによると思うんですよ。

しかし、ただ一度無理やりでもやり方を変えてみるのはどうでしょう。

個人的には、こういう構造が浮かびます。

ただし、これは理想論です。

ギリギリになる
↓
賭けに出る
社員を増やして残業を減らす。(減らした分の残業代を新入社員に回す)
↓
睡眠時間が増えて集中力が増える
↓
利益向上

とんだ理想論かもしれません。

だからこそ、これは第三者の身勝手な意見として受け止めて欲しいと思います。

以上、高校生の考えるブラック企業についてでした。

最近人気な記事


【プログラミング】C/C++ のメリットデメリット

【ぐろこーんの大学受験論】現代文は部分ごとに考えて正解を導くらしい

【数学】[分からない人向け]恒等式について解説

【ぐろこーんの大学受験論】長文・文章問題を解くには、語彙力(単語力)が必要

【ぐろこーんの数学論】数学についての厄介な質問への対応

総括管理人のおすすめ


【拡散希望】男女の差について思っている事

【数学】連続する自然数の和で表せる数と規則性(証明)

二次元の女の子の魅力を全力で伝えたい!

【数学】グラフの長さを求める公式を求めてみた PART 1

【数学】グラフの長さを求める公式を求めてみた PART 2