姉妹サイトリンク

高校生が考える「就職」の話

By ぐろこーん

どういう職に就くべきか、個人的に思っていることを書いてみました。

プロローグ:プログラマーはブラックと聞いた

僕は、プログラミングが好きなので、プログラマーになりたい、と思っています。

だいぶ現実的な夢だと思います。

しかし、その事を周りの人に伝えると、プログラマーはブラックなイメージと聞きます。

なので、いろいろ調べてみました。

すると、「偏った意見(会社によって違う)」や、「やることによって違う」という意見が見られました。

まぁ、実際は働いてみないと分からない事ですが、周りの人は、情報が古かったのだと思います。

他にも、プログラマーは、現在需要が上がっているという情報も得る事が出来ました。
これは何となく予想は出来ていましたが。

調べてみると、最近の情報が得られるので、少しはいい情報が手に入るのかな、と思いました。

今回は、就職についての個人的な意見を書いていこうと思います。

本題:どういう職を目指すべきなのか

結論はベタですが、その理由は個人的なので、理由をしっかり読んでほしいです。

早速結論からいきますが、僕は、やりたい職を目指すのがいいと思います。
ほんとにベタですが。

まずブラックかどうかとか、そこらへんの話をします。

これはやりたい職という前提として話しているのですが、やりたい職というのは、将来の夢って事ですよね。
将来の夢として目指しているものは、その人にとって楽しい事のはずです。

例えブラックでも、自分のやりたいことをやっているだけです。
飽きるようであれば、それは自分のやりたいことの吟味が甘かっただけです。

次に、現実的かという話をします。

これに関しては何とも言えません。

なれるかどうか、という点については、それは本当に努力しだい、または熱中できるか、という事に限るでしょう。
なりたいけど、無理そうだからあきらめるなんて事を言っている人には、どのみちあまりいい職には付けないでしょうし。

問題は、「芸人」「俳優」という類の、なってからがえげつない職についてです。
まずこの話しでは、「有名になりたい」という思いで決めるのは、本当にやりたい職とは言えませんので、ご注意を。

そういう職っていうのは、なりたくてなったとしても、有名になれなければ、本職がほとんど出来ないと思います。

それこそコンビニのバイトがメインのような生活になる可能性が十分あります。

それだけやりたいのであれば、熱演をするでしょうし、それが評価されるかどうかはそれ次第だと思います。


最後に、「Youtuber」というものについてです。

小学生のなりたい職ランキングが1位でしたっけ。

これに関しては、高校生になった時点でほとんど目指さないでしょうし、大学生になってなろうとするなんて人はそれ以上にいないでしょう。

ですが、場合分けという数学の解き方は、基本的にすべてのパターンについて調べる必要があるので、話します。

あれを職業と呼べるように成長させるには、起業家とは違った、即座に簡単なアイディアを考えられる脳がいります。

ブログを書いていてよく思うのですが、毎日何か考えつくのは、本当に大変です。

これもブログを書いていて思うのですが、それを公開してよいかを判断する能力が必要となります。

この吟味をしていると、表現方法も限定されてくるので、とても大変です。ようは、モラルがいるということです。

とにかく大変だということです。

結論は、これで締めたいと思います。

感想

書いているうちに、就職について結構考えさせられました。

しかし、進学する系の高校生なので、学問に励もうと思います。

大人の方が見てくださったなら、何か意見をくださるとうれしいです。

以上、高校生の考える「就職」でした。

最近人気な記事


【プログラミング】C/C++ のメリットデメリット

【ぐろこーんの大学受験論】現代文は部分ごとに考えて正解を導くらしい

【数学】[分からない人向け]恒等式について解説

【ぐろこーんの大学受験論】長文・文章問題を解くには、語彙力(単語力)が必要

【数学】[分からない人向け]ベクトルの一次独立のイメージの仕方

総括管理人のおすすめ


【拡散希望】男女の差について思っている事

【数学】連続する自然数の和で表せる数と規則性(証明)

二次元の女の子の魅力を全力で伝えたい!

【数学】グラフの長さを求める公式を求めてみた PART 1

【数学】グラフの長さを求める公式を求めてみた PART 2